English

サイトマップ

管理者ページ

第64回海岸工学講演会

第64回海岸工学講演会

  • 開催地:札幌市北区北7条西2丁目 TKP札幌駅カンファレンスセンター
  • 期 間:2017年10月25日(水)-27日(金)
  • 主 催:土木学会(担当:海岸工学委員会)
  • 後 援:北海道開発局,北海道,(一社)寒地港湾技術研究センター
  • 講演会プログラム;
    • プログラム編成上の問題があったため論文4と論文18の発表時間を入れ替えました.;
    • また合わせて次の論文の発表順を変更しました(77と81を入れ替え,90と190を入れ替え);
    • 以下リンク先のプログラムは修正後(2017年9月29日)のものです.;Sapporo_Program2017.pdf
  • 継続教育(Continuing Professional Development:CPD):○
  • 講演会は参加無料です.事前の登録・申込みは必要ありません.皆様のご参加をお待ちしています.

論文集

  • 論文集はDVDでの刊行となります(価格:税込3000円)。著者(論文の連絡者)の方には論文1編につき論文集DVDを1 部お送りいたします。講演会会場での論文集DVD 販売も行ないます。事前購入も受付いたします。※重複お申込みにご注意ください。
  • 事前購入については、10月5日(木)までにお申込みの方には、講演会前に届くように発送しますが、できる限り余裕をもってお申込みください。
  • 事前購入のお申込みは以下のページから

企画セッション

  • 日 時:2017年10月26日(木)15:00-17:00
  • 場 所:TKP札幌駅カンファレンスセンター【第1会場】
  • テーマ:「流砂系の総合的な土砂管理と海岸保全」
    • ──────────────────────────────────
    • ■ 企画セッションプログラム 【前半】 15:00 – 16:50
    • ──────────────────────────────────
    • 0) 趣旨説明(栗山,加藤)
    • 1) 総合土砂管理を支えるモニタリング技術(武若 聡)
    • 2) 漁業と協働した広域漂砂系の浅海域地形モニタリング-遠州灘での10年間の取り組み-(岡辺拓巳)
    • 3) 気象・海象変化に伴うサロマ湖沿岸域の地形変化特性(時沢武史)
    • 4) 千里浜海岸周辺における汀線の中・長期的変動特性(楳田真也)
    • 5) 【話題提供】安倍川流砂系総合土砂管理計画(栗山康弘)
    • 6) 福田浅羽海岸サンドバイパス事業による海浜回復の実態(波多野景治)
    • 7) 【話題提供】鳥取方式のサンドリサイクル工法(安本善征)
    • ──────────────────────────────────
    • ■ 企画セッションプログラム 【後半】 17:00 – 17:50
    • ──────────────────────────────────
    • A) 総合討論
    • ──────────────────────────────────

特別講演会

  • 日 時:2017年10月24日(火) 17:15~18:00
  • 場 所:北海道大学フロンティア応用科学研究棟 鈴木章ホール(札幌市北15条西8丁目)
  • 講演題目:「大型振動流装置を用いた底質移動特性に関する研究」
  • 講演者:Ole Secher Madsen マサチューセッツ工科大学 名誉教授

前日シンポジウム

  • 日 時:2017年10月24日(火) 18:00~20:00
  • 場 所:北海道大学フロンティア応用科学研究棟 鈴木章ホール(札幌市北15条西8丁目)
  • テーマ:陸からみた津波減災施設 -減災アセスメント小委員会中間報告-
  • 司 会:安田誠宏(関西大学)
  • プログラム(予定):
    • シンポジウムの趣旨説明     岡安章夫 (東京海洋大学)
    • 減災アセスメントとまちづくり  多々納裕一(京都大学)
    • 差分の差分による立地分析    河野達仁 (東北大学)・ 牛木賢司(建設技術研究所)
    • 防潮堤整備の外部性       平野勝也 (東北大学)
    • 減災アセスメントの社会実装   井上智夫 (国土交通省近畿地方整備局)
    • 【ディスカッション】      コーディネーター:岡安章夫

見学会

  • 講演会開催の前日10月24日(火)に,北海道開発局の全面的なご協力により,小樽港・石狩湾新港コース,新千歳空港・苫小牧港コースの2コースの見学会を行います.船上視察を行うための船舶の定員の関係から,小樽港・石狩湾新港コースは定員22名,新千歳空港・苫小牧港コースは定員28名とさせて頂きます.船上視察を行うための乗船名簿の作成,空港内制限区域に入るための事前登録に必要な情報を以下それぞれのURLからご入力頂き,その送信をもって申込み登録とさせて頂きます.先着で定員に達し次第,締め切らせて頂きます.
  • 小樽港・石狩湾新港コース(申し込み受付終了)
    •    12:30 見学者受付バス乗車 JR札幌駅北口周辺(乗り場詳細は後日お伝えします)
    •    13:25 石狩湾新港視察(西地区,東地区)
    •    14:55 小樽港 船上見学,廣井勇資料コーナー
    •    17:00 北海道大学 フロンティア研究棟(前日シンポジウム会場)
  • 新千歳空港・苫小牧港コース(申し込み受付終了)
    •    12:00 見学者受付バス乗車 JR札幌駅北口周辺(乗り場詳細は後日お伝えします)
    •    13:00 新千歳空港国際線ターミナル 見学者受付バス乗車(乗り場詳細は後日お伝えします)
    •    13:10 新千歳空港内見学(バス)
    •    14:40 苫小牧西港視察 船上見学,Fビル・西埠頭見学
    •    17:00 北海道大学 フロンティア研究棟(前日シンポジウム会場)
  • ご不明な点があれば渡部(yasunori@eng.hokudai.ac.jp)までお問い合わせください.

懇親会

  • 懇親会は以下のとおり開催いたします.みなさまお誘いあわせの上,是非,ご参加くださいますようお願い申し上げます.
    • 日 時:10月26日(木)18:30-20:30(予定)
    • 場 所:京王プラザホテル札幌 B1プラザホール(札幌市北5条西7丁目)
    • 申込方法:講演会会場の総合受付でお申込みください