English

サイトマップ

管理者ページ

第55回海岸工学講演会

第55回海岸工学講演会

論文集について

目次

ToyamaTableOfContents2008.pdf

 論文集の販売について

  • 注意事項
    • 会場では販売いたしませんので,必ず事前購入をお願いします.
  • 《購入申込方法》 
  • 問合せ先
    • 書籍販売係 TEL:03-3355-3445

10月31日(金)【必着】までにお申込みの方には,講演会前に届くように発送しますが,できる限り余裕をもってお申込みください(10月31日(金)を過ぎてからのご注文につきましては、講演会前に届く保証はございません).個人・名誉・フェロー・学生会員の方は送料無料になります(会員No.を必ずご記載ください). 

講演会について

講演会プログラム

ToyamaSchedule2008_as_of_080829.pdf

発表方法について

  •  講演会で研究発表をされる方におかれましては,以下の点についてご協力をお願い致します.(昨年度と同様の設定となっております.)
  1. 研究発表は,事務局が各発表会場に準備するPCを用いて行ってください.OHPおよびスライドは準備しませんので,それらを用いる発表はお断り致します.また,PCおよびプロジェクタを持ち込んでの発表もお断り致します.
  2. 各会場には以下の環境のPCを準備しますので,PC環境に合わせて発表用ファイルをご準備ください.なお,他のソフトウェアの持込,インストールはお断り致します.PC:富士通 FMV-BIBLO MG50R(FMVMG50R) CPU:Celelon M 360 1.40GHz メモリ:512MB OS:Windows(XP) ソフト:Microsoft PowerPoint 2003(標準インストール)
  3. 発表用ファイルは,発表セッション前の休憩時間までに(初日の第1セッションは開会式の開始前までに)各会場に準備したPCのハードディスクにコピーしてください.ファイルのコピーおよび確認作業に時間がかかると思われる方は,時間に余裕を持って作業を完了していただくよう,ご協力をお願い致します.(各会場は,講演会の開始1時間前から開場する予定です)
  4. 各会場に準備するPCは,CD-ROMおよびUSBメモリの利用が可能ですので,基本的にはこれらの媒体を用いて発表用ファイルを指定したフォルダ(日付とセッション番号で識別)へコピーしてください.他のファイルのリンクを含むような場合には,ハードディスクへのコピー時にリンク先のご確認をお願い致します.なお,CD-ROMおよびUSBメモリ以外の媒体(FD,SD,MS,MMC,XDカード等)は利用できませんので,予めご了承願います.
  5. 研究発表の時間配分は以下のとおりです.
    • 発表時間  12分
    • 討議  8分
    • 合計時間 20分

討議集

宿泊と交通 

懇親会

  • 日 時: 2008年11月13日(木)18:30~20:30
  • 場 所: ANAクラウンプラザホテル富山(富山市大手町2-3)
  • 参加費: 7,000円(予定)
  • 申込方法: 11月12日(水)より、会場の総合受付でお申込みください.

前日シンポジウム (2008.11.04 更新)

講演会前日に下記の要領でシンポジウムを実施します.参加無料です.

  • 「沿岸域防災と安全利用に関するシンポジウム」(共催:自然災害研究協議会中部地区部会)
  • 日時: 2008年11月11日 18:00-20:30
  • 会場: 富山国際会議場大ホール
  1. 第1部: 富山湾における寄り回り波とその災害 -2008年2月の事例を中心に- (18:00-19:20)
    1. 2008年2月富山高波災害の概要について
      水谷法美(名古屋大学工学研究科・教授)
    2. 伏木富山港における被害と復旧について
      大釜達夫(国土交通省伏木富山港湾事務所・所長)
    3. 2008年2月冬季風浪の予測と追算シミュレーションおよび消波ブロック被覆堤の滑動被災要因の検討
      安田誠宏(京都大学防災研究所・助教)
    4. 富山湾の寄り回り波について -海底地形とのかかわりと、災害と原因究明の歴史について-
      千葉 元(富山商船高等専門学校商船学科・准教授)
  2. 第2部: 静穏時離岸流とその予測 -海岸利用者からみた海岸構造物設計の課題- (19:20-20:30)
    1. あいさつ
      青木伸一(豊橋技術科学大学教授)
    2. ライフセーバーから見た海岸の危険性
      小峯 力(日本ライフセービング協会・理事長)
    3. 海岸構造物の設計と利用上の問題点
      石川仁憲((財)土木研究センター)
    4. 相良海岸での離岸流の現地観測
      堀口敬洋((株)アイ・エヌ・エー)
    5. 静穏時離岸流の予測と今後の研究課題
      青木伸一(豊橋技術科学大学・教授)
    6. 総合討論

見学会 (2008.10.16 更新)

  • 今年度の見学会は講演会前日に実施します.参加無料です.申込みは事前受付となります(2008年10月8日以降先着順受付).
  • Aコース,Bコースともに定員に達しましたので,募集を終了いたしました.多数の申込み,誠にありがとうございました (2008年10月16日).

見学会の詳細と申込み方法

【 Aコース 】
  • 日 時: 2008年11月11日(火)13:30~16:30
  • 定 員: 20名程度
  • 所要時間: 約3時間
  • 見学内容: 富岩運河環水公園(中島閘門含む)および伏木富山港(新湊地区)
  • 案 内: 国土交通省伏木富山港湾事務所,富山県土木部港湾空港課
  • 集 合: JR富山駅北口(13:30)
  • 解 散: JR富山駅北口および富山国際会議場(16:30頃)

【 Bコース 】
  • 日 時: 2008年11月11日(火)13:30~17:00
  • 定 員: 20名~40名程度
  • 所要時間: 約3.5時間
  • 見学内容: 下新川海岸の有脚式突堤および2008年2月高波災害の被災地区(芦崎)
  • 案 内: 国土交通省黒部河川事務所,入善町総務課
  • 集 合: JR富山駅北口(13:30),JR魚津駅(14:30)
  • 解 散: JR富山駅北口および富山国際会議場(17:30頃)