English

サイトマップ

管理者ページ

2013年台風Haiyanによるフィリピン災害

2013年台風Haiyanによるフィリピン災害

概要

2013年台風30号(Haiyan)はこれまでにない規模と強さの台風であり,フィリピン上陸時に甚大な被害を与えた. 同様な沿岸災害は,我が国にも起きうる可能性あり,本災害を解析し理解することは,将来の減災に直結するものである. 土木学会海岸工学委員会では,本災害に対して積極的に調査し,その特性について解明する予定である.

報告会

JSCE-PICE 合同セミナー

現地調査

土木学会・フィリピン土木学会合同台風30号高潮災害調査グループの概要

Team 1
  • 日程
    • 12月11日出国
    • 12月17日帰国
  • 団 長:田島芳満(東京大学)
  • 副団長:安田誠宏(京都大学)
  • 団 員:川崎浩司(名古屋大学),信岡尚道(茨城大学),宮本 守(ICHARM土木研究所).有川太郎(港湾空港技術研究所)※調査期間:12/3-7に先行調査.浅野 雄司(オリエンタルコンサルタンツ),伊東 淳(オリエンタルコンサルタンツ)

Team 2A
  • メンバー:森,安田,西嶋(京大防災研),辻尾(パシフィックコンサルタンツ)
  • 日程
    • 1/24: Abuyog〜Dulagの浸水域,浸水高;Taclobanの建物被災状況
    • 1/25: Anibong, Sagkahan (Tacloban)の浸水域,浸水高;Taclobanの建物被災状況 → Guiuan泊
    • 1/26: Guiuanの建物被災状況(Team 2Bと混成)
    • 1/27: Panay島Iloilo〜Roxasの浸水域,浸水高,建物被災状況
    • 1/28: Panay島Roxas周辺沿岸部の浸水域,浸水高,建物被災状況
    • 1/29: Panay島Roxas〜Boracayの浸水域,浸水高,建物被災状況
    • 1/30: PICE-JSCE joint forum@UPD(フィリピン大ディリマン校)
    • 1/31: 帰国

Team 2B
  • メンバー:田島(東大),佐々木(東大),信岡(茨城大),下園(東大),Kennedy(ノートルダム大)
  • 日程
    • 1/23:Tacloban,Bassayの浸水域,浸水高
    • 1/24:Hernani(Guiuan泊)  浸水域,浸水高,家屋被災状況
    • 1/25:Guiuan(東岸)(Guiuan泊) 浸水域の沿岸分布(広く),浸水高など(Team 2Aと混成)
    • 1/26:Eastern Samar東岸(Hernani, Guiuan)→Tacloban泊:浸水域の沿岸分布(広く),浸水高など
    • 1/27:帰国

調査結果

観測データ

生データ

現地データの概要

数値解析結果

日付は初期掲載時で,順次更新されているものがありますので注意して下さい. 個別の結果についての問い合わせは,それぞれの研究機関によろしくお願いします.

気象モデル+高潮モデル

経験的台風モデル+高潮モデル

その他

Link

関連ポータルサイト

台風情報

日本以外の高潮計算結果

被害状況

一般